FAQ

よくあるご質問

  • TOP
  • よくあるご質問
  • レセコンとは何ですか??
    レセプト(診療報酬明細書)を作成するコンピュータの事を指す。一般的には“レセコン”と略される。診療報酬明細書(レセプト)の作成には高度な専門知識と複雑な計算が必要であり、医療機関にとっては重い負担となっていた。 ...詳しくはこちら
  • 電子カルテとは何ですか??
    従来医師が診療の経過を記入していた、紙のカルテを電子的なシステムに置き換え、電子情報として一括してカルテを編集・管理し、データベースに記録する仕組みまたはその記録のことです。 ...詳しくはこちら
  • 電子カルテ導入におけるメリットとは何ですか??
    電子カルテ導入におけるメリットは、「自動チェック機能がミスを防いで、返戻を削減する」「受付・会計がスピードアップし患者満足度もアップする」「事務作業が効率アップする」「カルテ棚が不要」「文字が見やすく検索性が高い」の5つがあります。 ...詳しくはこちら
  • 電子カルテ導入におけるデメリットとは何ですか??
    電子カルテ導入におけるデメリットは、「故障すると診療が難しくなる」「入力・使いこなすのが大変」「お金がかかる」などがあります。 ...詳しくはこちら
  • 電子カルテの三原則とは何ですか??
    1999年4月「診療録等の電子媒体による保存について」が厚生省から通知され、下記の3原則を満たせば診療録等の電子保存が認められるようになりました。 ...詳しくはこちら
  • レセコン一体型電子カルテのメリットは何ですか??
    レセコン一体型電子カルテは体型・簡単・すぐ使えるがキーワードで、メリットは「1度の入力操作でカルテ入力からレセプトまで可能」「情報の整合性が保たれる」「メンテナンス・新薬登録が簡単」「受付が簡単になる」「患者の待ち時間が減る」の5つがあります。 ...詳しくはこちら
  • 弊社電子カルテシステム導入時のサービスについて教えて下さい?
    院内にサーバーを設置する従来タイプの電子カルテシステムをオンプレ型(オンプレミス型)と言います。 弊社オンプレ型はサーバー・パソコン・プリンタ等と電子カルテソフトウェア、導入設置費用等を買取りまたはリース契約等にて購入します。(最小構成でも約200万円~が必要です) ...詳しくはこちら
  • 電子カルテシステムのクラウドバックアップサービスとは??
    地震などの災害、日々の業務で起こるハードトラブル、または不測のミスなどに備えて、ネット経由で弊社契約のデータセンターにお客様の大事なデータを預かるサービスです。 ...詳しくはこちら
  • クラウド型電子カルテシステムのメリット?
    クラウド型電子カルテシステムのメリットとしては、クラウド型電子カルテは院内にサーバーを設置しないため、導入コストが安く済むケースが多いと言われたいます。ベンダーにもよりますがクラウドの場合、院内に必要となる物はインターネットに接続できるパソコン、プリンタだけになるためサーバーが不要となります。 クラウド利用料のみとなるため、システムの保守費用が不要となります。インターネット環境を利用して電子カルテを閲覧・編集することが可能ですので、自宅または訪問診療などでも患者様のカルテを扱うことが可能となります。 ...詳しくはこちら
  • クラウド型電子カルテシステムのデメリット?
    クラウド型電子カルテシステムのデメリットとしては、院内のネット環境の徹底して管理する必要があります。 長年の電子カルテシステムサポートの経験で言いますと、オンライン請求が出来ない・ネットがつながらないなどのトラブルは数多くのクリニックで起こります。 ...詳しくはこちら

CONTACT

株式会社アイソルへのお問い合わせや資料請求はこちらから。
ご質問などもお気軽にお寄せください。

MORE